メジロに負い目

数年前、ベランダの目の前のイチイの木に
メジロが巣を作り卵を温めていました。
驚かせてはいけないと、カーテンも締め、
カーテンのすき間から毎日覗いていたのですが、
いかんせん、洗濯物を干さなければならない・・・
そこで不在の時を見計らい、干していたのですが
やはり駄目だったのか、卵を置き去りに
二度と戻ってこなかった悲しい過去があります。

それ以来、メジロを見る度に
「申し訳なかった・・・」という
負い目を感じる様になりました。

メジロ、スマン・・・
メジロ、スマン・・・

メジロと言えば東京・目白。
ここに数年ほど暮らしていた過去があります。
静かで住みやすい良い町でした。